「新しい生活様式」での熱中症予防行動のポイント

2020年08月13日

【マスクの着用により、熱中症のリスクが高まります!】
マスクをつけると、皮膚からの熱が逃げにくくなったり、
気づかないうちに脱水になるなど、体温調節がしづらくなってしまいます。
「熱中症予防」と、マスク、換気などの「新しい生活様式」を両立させましょう。

◆適宜マスクをはずす
屋外で人と十分な距離(2m以上)を確保できる場合にはマスクをはずす

◆暑さを避けましょう
エアコンの設定温度を26~28度にして
暑い時はクーラーを使いましょう

◆のどが渇いていなくてもこまめに水分補給
1時間ごとにコップ一杯
入浴前後や起床時もまず水分補給を
大量に汗をかいた時は塩分も忘れずに

◆エアコン使用中もこまめに換気をしましょう
エアコンを止める必要はありません
窓とドアなど2か所を開けたり、扇風機・換気扇を使いましょう

◆日頃から健康管理
日頃から体温測定、健康チェック
体調が悪いと感じたときは、無理せず自宅で静養

新型コロナウイルス感染症に関する情報
熱中症に関する詳しい情報

戻る
メニュー
HOME 予定 知識 HELP