離乳食9~11ヶ月

離乳食 9~11ヶ月ごろ

☆かみかみ 家族そろって楽しい食事
 前歯上下2本が生えそろう時期です。前歯でしっかりかみ切り、食べ物を移動させ、口の奥の歯ぐきでかみかみする練習をしましょう。
 「手づかみ食べ」もできるようになります。食事中は楽しい雰囲気を作り、大人が食事のお手本になるよう心がけましょう。

☆離乳食アドバイス
 ●すすめ方
  *離乳食は、1日3回になり家族と一緒に食べることができます。離乳食の量は、赤ちゃんの食欲に応じて量を増やします。
*献立は、家族と同じもので赤ちゃんが食べられるものをとりわけしても良いでしょう。ただし、味付けは大人より薄味にしましょう。
  *栄養の多くは、離乳食からとるようになりますが、離乳食後の母乳、育児用ミルク飲ませます。
  *9ケ月以降は、鉄が不足しやすくなります。毎食、肉や魚、大豆製品等のたんぱく質のおかずを用意しましょう。赤身の魚や肉、レバー入りのベビーフードで鉄を摂取することも   ひとつの方法です。

 ●固さの目安
  *バナナぐらいの固さで、歯ぐきでつぶせる程度にします。野菜は、軟らかくゆでた後、5~8㎜程度に刻みます。
  *魚や肉などは、「煮る、蒸す、焼く」調理ができるようになります。加熱後、ほぐす、刻むなど、赤ちゃんの状況に応じた大きさにします。

 ●味付け
  みそ、しょうゆ、食塩、砂糖に加え、少量のケチャップやマヨネーズも使用できます。
  だし汁(ベビーフードのだしを利用しても良いでしょう)を中心に、大人より薄味にして、素材の味を引き出しましょう。

 ☆手づかみ食べのすすめ
  この頃になると、積極的に食べ物に手を出すようになります。手づかみ食べは、「自分で食べる」機能の発達を促します。
  手が出るようになったら、野菜スティックやサンドイッチなど、手でつかみやすい献立も用意しましょう。
  また、食べる時は、食事用エプロンをつけたり、テーブルの下に新聞紙やビニールシートを敷いて、片づけやすい工夫をしましょう。

 ☆フォローアップミルクについて
  フォローアップミルクは離乳食で栄養を取っていることを前提に、離乳食で不足する鉄、カルシウム、たんぱく質等の栄養素を補うためのものです。
  離乳の進みが良くなく、栄養の大部分を授乳に頼っている赤ちゃんは、母乳または、育児用ミルクを飲ませましょう。



戻る
メニュー
HOME 予定 知識 HELP